新外国人材の受け入れに関する研究会開催

 地域産業パートナーシップ協同組合は、3月19日に遠野市内で新外国人材の受け入れに関する研究会を開催しました。40名の方に参加して頂き、お話をしましたが、いまはまだ「何がわからないかが解らない状態」だと思います。ただしこの新法によってどのように変わるかは市民の皆様も知っておくべきだと思います。また新たな状況に対応して開催したいとおもいます。

 労働力というと、雇用する側、される側、その当事者だけの問題と考えがちですが、これは地域社会にとって重要な問題です。そしてこの新法によってさらに地域に及ぼす影響は強くなって行きます。