遠野まごころネット 就労支援センター みんな明るく元気に活動しています。

釜石にある、遠野まごころネットの就労支援センターを取材して頂きました。スタッフも利用メンバーさんも良い顔をしていますね。嬉しいです。最近は特にみんなのやる気というか前向きな姿勢を感じています。席替えをしたり、新商品の検討会をやったり、販売会に積極的に参加したりしています。また一般就労が決まる人も増えて来ました。みんな大忙しの毎日を過ごしています。山本施設長の実家は岡山で、西日本豪雨災害で浸水被害に会いました。多くのまごころネットの仲間が泥だしなどの応援に駆けつけてくれました。人の繋がりって本当に大事だと思います。就労支援施設を取り巻く環境は年々厳しくなっています。成り立たなくなる施設も出てくるはずです。どちらかというとこの分野の政策や制度が年々縮小傾向にあるからです。国に依存し切っている地方行政も自らが福祉全体のビジョンや政策を持って進めなければならない時期に入っています。