岡本行夫氏、小泉進次郎氏の対談より

外交評論家で橋本内閣と小泉内閣の首相補佐官を務めた岡本行夫さんが主催する「新現役ネット」のフォーラムに行ってきました。お二人は三陸沿岸や遠野(勿論遠野まごころネットや米通も)に何度も訪れており、そのアテンドを松永さんが務める関係で、私までチャッカリお知り合いになっていただきました。そして会場でも、「皆さんに是非紹介したい方がいます。遠野まごころネットの多田さんです。」と立たせていただき、紹介までしていただきました。感激でした。

それにしてもお二人の話は、内容、間、話し方すべてが絡み合い、皆さんが引き込まれてゆきます。今、岐路に立っている日本で、お二人の存在はとても貴重だと思います。岡本さんの外交の話は、現場の状況を解析し、政策を立て、将来の日本に繋げる話ですから、心臓が高鳴りました。小泉さんには、出来るだけ早い時期に総理大臣になってもらいたいと強く思いました。何回もお会いし話もしていますが、会うたびにキレが出て磨きがかかって行くように思えます。松永さんが補佐官を勤めたらいいのになぁ・・

ご多忙な時間に、控え室で、今私たちが取り組んでいることはなんですか?課題はなんですか?など色々話すことができました。そうそう「多田さん、市長選挙どうでした?」「楽しかったですよ。」「それは良かった、惜しかってね〜、わっはっは」とか「米通の皆さんはお元気ですか?」「今度、どぶろくを醸造しますよ。」「えっ、それは是非飲んでみたい!」「遠野の皆さんによろしくお伝えください。」など何気ない会話でも気配りを忘れない人です。

ひとつ大事な話もして見ましたが、それはおいおい書きます。

とにかく日本という国はまだまだ捨てたもんじゃない!地方も頑張ろうぜ!