大槌復興米の稲刈りも最盛期です!

 大槌町の・菊池 妙さん・が発見し、遠野まごころネットのボランティアたちが丹精込めて育てた「大槌復興米」の稲刈りが最盛期を迎えています。なんとも不思議な話ですが、「妙」という字の意味は、仏教的には、無くなったものを復活させるという意味があるのだそうです。妙さんが発見したのも何かのご縁でしょう。

 ほとんど役に立てないながらも、私も稲刈りをしたふりをしてまいりました。実がぎっしり詰まり、ズシリと重い稲の束でした。幸せ感溢れる!

 今年も、様々な方面で活躍する「大槌復興米」皆様少々お待ちください!

綱木ファミリーと黄金の中で

実がぎっしりで重たい!

贅沢な光景でしょう?