遠野祭りは市民の思いが詰まっています。そしてもう一つ市民の思いを反映させる場が「市議会」です。

先週末は各地区が遠野祭りの準備に取り掛かっていました。今年は9月15日16日です。遠野祭りは最高ですよ。皆さんぜひ来て、参加してください。祭りは参加する方が絶対に面白いし感動します。そのあとは10月に市議会議員選挙があります。「権力や制度が人を造るのではなく、人が社会や制度を造るんだ。」と考えると、市議会議員選挙は重要であることはいうまでもありません。市民の思いを政策に反映させる場が「市議会」だからです。市民の意見を代弁する役割を担おうとする全市議会議員候補者のマニュフェストを読ませていただきたいと思います。何故立候補をするのかが最も興味のあるところです。間違っても「権力維持のため、しがらみや利権のため、自己のステータスの欲求のため」などではないと思います。市議会議員になることが目的ではなく、何を市民のためになすのかが目的になるのだと思います。

 市議会は政治のプロが運営するものではないと思います。プロから言わせれば「ずぶの素人」にも参加、運営ができる、理解できる場でなければなりません。できるだけ多くの市民が、遠野の現在、未来、そして進むべき道に関心を持ってもらいたいと思います。