高橋 郷 hiromiがアフリカから遠野に帰って来た!

高橋 郷 hiromiが久しぶりに遠野に帰って来た!

アフリカ(ケニア)のスラムで生計向上に取り組んでいる彼は、まさに勧善懲悪の男だ。間違っていると思うと、どんや相手にも向かって行く。頭は極めて良いが、少々おっちょこちょいの大馬鹿者とも言える。弱い人、困っている人にはとことん優しいんだなあとあらためて感心した。

彼が持っているバッグは、アフリカのスラムの女性たちが作ったバッグで、アフリカっぽい色彩で、なかなかオシャレだ。500円なそうです。もっと高くてもいいんじゃないか?って言ったら、イヤ500円で良いんですと、相変わらずだった。

その後、釜石就労支援センター&天洞ビンヤードへ行き、まごころの新しい就労支援センターを見学してもらった。細川に無理やりシードルやシャセを売りつけられていた。

彼の生活拠点はフィリピンで、アテネオ大学で研究員も兼ねている。物価が安いのでちょうどいいんだとか。日本を追放されたとも言いにくいし・・・冗談です。

久しぶりに、高橋 郷hiromiに会えて良かったなあ。しばし癒しの時間でした。

デニムの小さな袋にはシードルが一本入ります。なかなかお洒落でしょう?