今日の米通 美味しい濁酒とカボチャができますように

 今日の米通は賑やかだった。AEONグループCSRが目指すは、美味しい濁酒といいたて雪っこカボチャ。田の草取りやカボチャ畑の草取りとワラ撒きをしました。今晩は恒例の交流会も有ります。皆さんは米通に通って何年経つだろうか、毎年付き合いは深くなり、身内のようになり、アイディアが実現される。今回は民宿遠野の要太郎さんが仕上げるので、一層気合が入っているようだ。一企業が一地域と交流して地域づくりに参加するという企画に賛同したAEONグループには本当に感謝しかありません。米通の皆さんも張り切っていました。そうそう米通の入り口では三吉区長作の案山子がお出迎えしています。米通の人達は「生きたい証をつくる」と話します。「生きた証を色んな人と共有するすることが、生きた証」だと私は教えられました。いろんなことを教わるなあ。

カボチャ畑は発育も上々だが、これからの日照などによります。今日から天気が悪いんだそうです。正子 さん夫婦が先生です。カボチャの天ぷらが待ち遠しいです。

無農薬で始めた濁酒米。豊作頼むよ〜

自分達が育てたお米でできた濁酒を目いっぱい飲むぞ!と張り切っていました。ブランド名は「米通」だったかな?