ジョロンゲ・チャイルドケアセンター(ネパール・ジョロンゲ村)のサポーターになりましょう。

 ネパールのジョロンゲ村のコミュニティーセンターもめでたく完成し、活動が始まっています。建物の隣ではトマトの協同栽培を始めました。そのほかに養豚や養鶏という得意な分野もはじまりました。若い夫婦の大体のパターンは、男がインドやサウジに出稼ぎをして、月給5,000円を稼ぐ。女は村に残り農作業と子育てをするという感じです。若い母親の悩みは、小さい子供を共同で交代制でケアできれば、もっと働けるという事です。託児所や保育園のような形式です。そこでまずは遊びと読み書きを教え始めるのです。もちろんオヤツなどは栄養価を考えて提供します。緊急ようの薬剤もしっかりした管理のもとで準備する必要があります。そこでこのチャイルドケアセンターの維持費を彼女たちに試算してもらいました。月々1万5千円あれば維持できそうです。私たちはこの維持費のサポートを呼びかけることにしました。もちろん彼女たちからのプレゼントもご用意します。支援していただいている間に、彼女たちが働いて自主運営できるように頑張りたいと張り切っています。

貴方が働いて得た貴重なお金の月々1,000円をご寄付ください。そうすれば15人の寄付で月々の運営が出来ます。年間にすると1,000円❌15人❌12ヶ月=18万円(年間)となります。