インドネシア その8

ご存知の通り、ジャカルタの交通はめちゃくちゃ混んでいて、目的地にたどり着くのがいつになるかは、行って見なけりゃわからないと言う状態です。そこで電車を乗り継ぎ、乗り継ぎしながら、Dompet Dhuafa の伝説の人はディ会長とAEONインドネシアの菓子社長を尋ねました。電車だと早い!けど路線が少ない。(新幹線は現在では中国が建設中、については後ほど)  

はディさんがいました。背も高く声も大きく上からハグしてもらい、頬ずりまで。相変わらず、do迫力のハディさんは、遠野大好き!と「遠野名物明がらす」をしっかりホールドしていました。(今回は、竹林堂さんと松林堂さんの明がらすをお土産にしました。)学校も始めているんですね。メディアも持っているので、しっかり取材も受けました。しかし遠野は寒かったって。気のせいですよと私。

AEONインドネシアの菓子社長も忙しい中で、色々アドバイスをしてくれました。私はこれを、ユダさんたちに伝えなければ・・・ね。菓子社長はマレーシアも手がけたASEANのスペシャリストです。流石に国内情報は掴んでします。なるほどと思う事ばかりでした。店内はラーメンコーナーもあり、日本のラーメンに舌鼓を打つお客さんがいっぱいでした。そしてインフォメーションでは、ご覧のように美しいお姉さんがお出迎えしてくれます。