360年超の歴史を持つ、小友町の裸参りに参加しました。

遠野市小友町で360年超の歴史を持つ、裸参りに遠野まごころネットの哲也君と柏木平レイクリゾート社長の小笠原君と参加させて頂きました。横から吹き付ける強い風と時折降ってくる(飛んでくる?)雪か雨があたり、なんとも清々しいものでした。シャキッとしました。昨年の倍は充実感があった思います。サラシ、パンツ、足袋がありがたいと思いました。

巌龍神社と宿場町の外れ(約220m)を、提灯を片手に3往復するのですが、身体中の感覚が無くなり、何とも言えない痺れが走り、これぞ遠野という感じを味わえます。ライトに浮かぶ宿場町を、提灯を持って行列する光景は、巌龍様の岩と調和しています。来年は是非皆様にも体験していただきたいと思います。

その後は、恒例の直会です。地元のおばちゃん達がこしらえたお煮しめと豚汁そして餅とおごごが、これまた美味しく、熱目の燗がはがいぎました。味噌つけ握りも良かったなあ。「ご馳走様でした。」

3年続けて参加するのが御利益ありとされています。私は2年目です。還暦に丁度のタイミングでした。来年に向けて痩せねばなりません。脂肪が冷えます。