台湾の花蓮で大地震。台湾には仲間が沢山います。

皆さま

しばらくブログ更新をサボりました。台湾の花蓮の地震は小範囲とはいえ、今後どのようになるのか余談は許しません。被害を受けて皆さまの無事と亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

東日本大震災では、台湾の多くの友人たちからご支援をいただきました。私の記憶には、まだまだ新しいものです。

今日はあえりあで下記のシンポジウムが開催されました。もちろんインバウンドの中心的話題は台湾です。台湾のかたも登壇していました。台湾への募金箱など設置しても良かったかなと感じました。もちろん黙祷もですが、

話は色々出ました。海外からきている方々のお話は率直です。皆さんもそう感じたと思います。

しかし、今大事なことは、アクションを起こすことだと思いました。遠野の人々には良い案があります。それを行動に移すこと、行政はバックアップすることです。シンポジウムももちろん良い機会ですから、勉強しなければなりませんが、行動しましょう。

特にリヒタさん、良かったなあ・・・。