岩泉町を応援したい!

岩泉町長のわいせつ行為について、いろんな記事が出てきました。違和感もあります。

①岩手日報社の記事は、事件後相当の日時が経過しているが、これは町長の反省を促していたと考えましょう。一方で、見出しで「町長辞任へ」となってはいるが、告訴はしていない。辞任をすれば、反省して陳謝すれば告訴しないということなのだろうか?新聞の一面です。「告訴しました・」という報道ならわかるが・・・。

②なぜ、現地の担当記者が、岩泉町のホテルに宿泊していて、町長は彼女が宿泊していることを知っていたのだろう?なぜ部屋番号が判ったのだろう?ホテルのフロント係は、部屋番号を安易にしかも早朝に教えたのだろうか?

③町長の話  病気を理由に意識が混乱しているという説明ですが、その割には、状況下の意識と行動の説明はしっかりしています。

④岩泉町議会  「ひるまないで・・・」と励ました議員がいる。状況を調査するということは、どちらの判断も出来ないという現状での「ひるまないで・・・」には疑問があります。議会や町民の常識を疑われてしますので、「岩泉町応援団の私には、少々残念です。」

と見ていると、決断は早い方がよいという気がします。町長の決断が早く、「私は責任をとり、辞職しますが、町民には責任がありません。みなさん岩泉町をお願いします!」となれば「みんなで岩泉町を応援しよう!」という方向に行きやすいが、遅くなりズルズルしていると、「岩泉町はどうしたんだ?なんだこの状態は?・・・」となり、下手をすると、応援出来ないという人が増えてしまいます。「震災支援で共に頑張ってきた岩泉町、遠野高校サッカー部の後輩が何人もいる岩泉町を、私は応援したい!」