わさび田の地域見学

遠野のブランドの一つに宮守のワサビがあると思います。

この日は、木瀬さんのお宅で、レクチャー(奥さまのお話に、地域への愛情がこもっていて最高でした。)と美味しいコーヒーをいただき、企業のかたがたと達曽部は白石と湧水のワサビの収獲風景を見学しました。(丁度、遠野ではワサビの全国大会が開催されされたばかりなので、力も入っているのだろうと期待もこめながら)

タイミングよく、その日の新聞に、案内してをして頂いた福地さんの記事が掲載されていました。白石のワサビ田では、稲荷穴から吹き出る「世界の名水」で栽培されるているんですね。会長さんは、めちゃくちゃ歴史に詳しくて、話を聞いていると、あっというまに時間が過ぎて夕方になっていまいました。

福地さんは、湧水神樂と鹿踊りの本家で、かつては、「魂呼ばわり」というイベントでニューヨークにも遠征したんです。さぞ今の時期は水が冷たいだろうと思いきや、地下水なので、外気よりもあったかいんですよ。

皆さんも一度達曽部、稲荷穴、そしてワサビの里に来てみてね。これから写真など綺麗に写してもらって(私の写真だと下手でダメです。写真上手な人にお願いして)掲載します。