南部神社は鍋倉神社とも呼ばれていたのです。

南部神社は鍋倉神社とも呼ばれていました。どちらかと言うと私は鍋倉さんと呼ぶほうが多いです。

上宮守神楽の踊り納めを見て一杯いただきましたが、やはり遠野の郷土芸能は何とも代え難い。

今年は屋根瓦の修繕をしたが天井までは予算の関係で、出来ないでいるそうです。そう言えば雨もりの後がみえますね。

宮司さんは、これから益々南部神社を盛り上げるぞと、はりきっていました。子どもの頃、毎日この山で遊んでいた私も、お手伝いして出来ることをしたいと思います。

遠野物語、民話のふるさと、郷土芸能、お祭り、これらのキーワードに、神社やお寺も入って来るはずです。南部の殿様が居た遠野南部には、ここは大切なところですね。大事な所といえば、このこんせい様も凄いでしょう。

朝は大雪でした。この雪の降り方は、凄かった!