冬が来る

最近の夜明け前の空はこんな幻想的は感じです。

昨晩、ある寄り合いに参加、そこで市長さんと同席しました。

市長さんが、冒頭で「毎日が、誹謗中傷との戦いだった。」と挨拶をされた。

誰が誹謗中傷したのだろうか。もし本当なら、そう言う事は良くないと思います。

私たちは、脅されることはあっても、相手を誹謗中傷するそのようなやり方は絶対にしない。

勿論、意見は正々堂々と発進します。

その後、握手をという事になり、私は歩み寄り手を出しましたが、相手の方は拒否。万事承知です。

若しかすると、意見を誹謗中傷ととらえているのだろうか?

はたまた、本人がした事に、誰かが正論を言い、その事が気に触ったのだろうか?

私が立候補した理由の一つが、「意見を聞く耳のない現政権を変える。」という事でした。

遠野は寒い冬をむかえそうです。しかし、私の役割は、しっかり見聞して意見を発進する事なので、

これからも遠慮せずにビシビシと意見を発進し、ホットにして行きますので、宜しくお願いします。