又一の滝スノートレッキング01

アウトドアワールド遠野・(豊かな自然世界創造計画)

昨日下見に行って来ました!最高でした!強マスターが又一の滝の聖水で入れたコーヒーは抜群!

2月9日10日は、東京からスポーツメーカーの方々もやって来てこのプランに一緒に取り組む準備をします。9日は又一の滝へ再び参ります。夕方からは意見交換会です。
9日は9時早池峰ふるさと学校駐車場集合です。一緒に行きたい方は連絡下さい。途中でピックアップします。
10日はショートコースでスノトレします。

以下は2010年に私が書いた文章です。再び動き出します。

― はじめに ・主旨 ―

何故 アウトドアワールド遠野 創造計画

 遠野人には、貴重な財産がある。それは「自然・人間・文化」など、いわゆる「遠野の風土」だ。遠野の風土は様々な事物を生み出した。民話、佐々木喜善、遠野物語も遠野の風土が生んだものの一つだ。私たちは、遠野物語100周年を機に、遠野物語以前に目を向けてたい。そして遠野の風土の素晴らしさと奥深さを確認し広く伝えたい。

 今世界のいたるところに歪みが生じ、苦しみが生まれ、人びとが喘いでいる。人は何を求めているのだろう。お金や癒しもその一つだが、求めるものはもっと人間の奥深いところにあるのではないだろうか。自然の中に自分をおき、自分の呼吸と語り合い、純粋さを確かめ、美しさ、楽しさ、厳しさを知る。そして明日への勇気を得て、新しい自分をスタートさせる。たとえ何も見つからなくても、何度でもチャレンジできるし、スタートラインにも立てる。おそらく求めるものとは、誰かに与えられるのではなく、自分の中から出てくるのではないか。求め続けることが自分を勇気づけ世の中を良くすることかもしれない。思うに、遠野の風土は、神々が人間に機会を与えるために創り上げたものだろう、遠野物語を世に出し、遠野を観光の町としたのも。だからもう一度、遠野の風土に目を向け、大自然を愛し、活かすことによって守り、考え、協力し、行動しなければならない。この先100年、大きな恵みを授かるために。人々は、何度でも遠野を訪れればよい。私たちがこれから始めることは、ほんのスタートにすぎないが、少しずつでも前進できるだろう。

この日の行程10時20分遠野発⇒11時トレッキング開始⇒13時又一の滝着⇒14時下山開始⇒15時車に到着⇒15時30分早池峰ふるさと学校でお茶を頂き岐路へ 豊さんありがとうございました。