第34番 金毘羅神社

34_01

稲荷明神隣りにひっそりと

 金毘羅大権現を祀る。ご神体は木造の小堂で、山奈某という人の内神だったらしいが、今は絶えたようだ。市街地の一隅に、古びてひっそりと佇んでおり、むしろ密接して建つ鶴
田稲荷社の方が特段に目立つ。
 社屋の脇に、ときを経た金毘羅山と刻んだ、自然石が置かれている。三月十日講中敬白の文字も見られ、四国金毘羅参りの記念碑なのだろう。
 杉や楓と見られる木々数本が、高い木立を造っている。境内とはいえない狭さだが、不思議に落ち着きを覚える。

34_0234_03