第22番 金勢神社

22_01

婦人の腰病に霊験が

 自然石で形づくられている男根、コンセイサマを祀る。婦人の腰の病気に霊験あらたかで、訪れた人は願いとともに、御神体をタワシで磨くと、病は治るとされる。古い陽物崇拝の名残りだろうか。
 昔から存在の伝えはあったものの、現物がなかった。年を経て、河川工事の現場から偶然見つかり、改めて社殿に納めた。どうゆうわけか、幹道から境内までの通い道には風情が漂う。

22_0222_0322_04