第11番 駒形神社

11_01

患う牛馬癒す神

 遠野郷には、駒形神社と呼ぶ社がいくつかある。そのひとつだが、ここは保食神を祀り、八月九日が例祭日である。
 当初は、蒼前駒形明神を祀ったが、後リンガ崇拝を伴って、石棒の神体が納められている。牛馬の病気があれば、平癒を祈願していた。昭和二十六年に集落の大火で類焼。三十年浄財を集め再建した。例祭には集落のみならず、広く町内上げて人出を集める。町づくりに貢献している。