政治塾「希望とおの」規約

(名称・所在地)
1条 本会は、政治塾「希望とおの」と称し、主たる事務所を岩手県遠野市材木町2ー21に置く。

(目 的)
2条 遠野市の市民生活の向上、産業の育成、活力ある郷土づくりを目指して、市政に関する活動を行うことを本来の目的とし、併せて会員相互の親睦交流を深めることを目的とする。

(事 業)
3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)講演会、座談会、意見交換会、交流会等の開催
(2)会報等の発刊及び配布
(3)関係諸団体との協議、連携、
(4)その他本会の目的達成のために必要な事業

(会 員)
4条 本会は、第2条の目的に賛同し、入会申込書を提出した者をもって会員とする。
2 会員がこの会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為を行ったときは除名することができる。

(役 員)
5条 本会に次の役員を置く。
(1)会長      
1
(2)副会長     
2
(3)幹事      若干名(うち幹事長
1名、幹事長代理1名)
(4)会計責任者   
1
(5)監事      
2

(役員の選出及び任期)
6条 役員は、総会において選出する。
(1)役員の任期は、
1年とする。ただし、再任を妨げない。
(2)役員に欠員が生じた場合は、原則として
1月以内に役員会で後任者を選出するものとする。ただし、通常総会が間もない等の事情がある場合は、役員会の議決により、選出しないことができるものとする。
(3)幹事長、幹事長代理は、会長が指名する。
(4)欠員により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の任務)
7条 会長は、本会の業務を総理する。
2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは会長業務を代行する。
3 幹事長は、幹事会の議長として会議を掌理し、会務を統括する、幹事長代理は、幹事長を補佐し、幹事長に事故あるときは、その職務を代行する。
4 幹事は、幹事会の構成員として、会長又は幹事長の命を受け、本会業務を執行する。
5 会計責任者は、本会の会計を統括する。
6 監事は、本会の業務及び会計を監査し、必要に応じ、本会の会議で報告及び意見を述べることができる。

(会 議)
8条 本会の会議は、通常総会、臨時総会、役員会、幹事会とする。
(1)通常総会は、毎年
1回開催とし、会長が招集し、議長となる。
(2)臨時総会は、会長が必要と認めた時、役員会が必要と認めた時及び会員の
103以上の連名で、議案の内容を示して開催の請求があった場合に会長が招集する。
(3)役員会は、会長、副会長、幹事長で構成し、会長が必要に応じて招集する。
(4)幹事会は、第
5条に規定する全ての役員で構成し、幹事長が必要に応じて招集する。

(会議の定足数及び議決等)
9条 本会の会議は、会議の構成員の2分の1以上の出席が無ければ開会することができない。
2 止むを得ない事情により会議に出席できない会員は、予め通知された事項について書面をもって表決し、又は他の正会員を代理人として表決を委任することができるものとし、この場合は、会員が出席したものとみなす。
3 会議等の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は、議長が決するところによる。
4 会則の廃止、役員の解任、会員の除名は、出席者の3分の2以上で決する。

(総会の議決事項)
第10
条 通常総会の議決事項は、次のとおりとする。
(1)事業計画並びに予算及びその変更
(2)事業報告及び決算の承認
(3)役員の選任又は解任、
(4)本会規約の改廃
(5)その他役員会で重要と認めた事項

(経 費)
11条 本会の経費は、会費(総会で決定)、寄付金、その他の収入をもって充当する。
2 役員の報酬は、原則支給しない。ただし、本会業務で出張を要する場合、旅費を支給する場合がある、その支給は、役員会で決定する。

(会計年度及び会計監査)
12条 本会の会計年度は、毎年11日より1231日までとする。
2 会計責任者は、本会の経費につき、毎年1回以上監事の監査を受け、その監査意見書を付して総会に報告する。

(補 則)
13条 本規約に定めのない事項については、役員会で決定する。
 附  則
  本規約は、平成
29111日から実施する。